合同会社ってご存知ですか?

合同会社とは?

 合同会社とは、2006年の新会社法で設立可能になった新しい会社形態です。設立件数は年々増加傾向にあり、有名企業のアマゾンジャパン、アップルジャパンも合同会社です。
 設立費用が安く、経営の自由度が高いため、従事者が自分ひとり、もしくは家族のみといった小規模企業に向いていると言えます。

 

設立費用が安い

 会社設立を専門家に頼むと手数料が掛かるため、自分で会社設立をしようとしても、定款認証手数料・定款印紙税・登録免許税など法定費用が掛かります。(定款印紙税は電子定款でゼロにできます。)。これらの法定費用は株式会社に比べて合同会社は、なんと14万円安く設できます。創業時に支出を抑えたい時期にこの差は大きいです。

 

配当割合を自由に決められる

 株式会社の場合は出資比率に応じた配当になりますが、合同会社の場合は、出資比率にかかわらず配当することができるため、各人の業績に応じた配当も可能となります。

 

ランニングコストが少ない

 合同会社の役員には任期がないため、株式会社の役員のように改選の度に登記する手間と支出が要りません。株式会社の役員の任期は最長10年のため改選の登記を忘れることがあり、裁判所から会社法違反の通知が社長個人宛に来て、ビックリする方も少なくありません。

 

株式会社への変更も可能

 創業時は費用が少ない合同会社で設立し、事業が軌道に乗った後、株式会社に変更するという方法もあります。その際の法定費用を考慮しても、株式会社を新規設立するときの費用より安いです。

 

デメリットもある

 合同会社には、上記のようなメリットもあれば、それが一方ではデメリットにもなります。ただ言えることは、対外的に法人格を前面に出す必要がなく、節税や法人格のメリットを享受することが主たる目的の法人設立なら、合同会社を選択することをオススメします。ちなみに、わたくしはコスト重視で『会社設立freee』を利用して、6万円程で合同会社を設立しました。

創業融資専門家コラムの最新記事

無料相談受付中!

創業資金調達サポートメニュー

Founded Funding Support Menu

創業サポートメニュー

Support Menu

その他コンテンツメニュー

事務所情報

AREA

鹿児島市を中心に 鹿児島県全域に対応しています!

ACCESS MAP

OFFICE

田原大雄税理士事務所

〒892-0847 鹿児島県鹿児島市 西千石町11-21 鹿児島MSビル 6階

TEL:099-813-7101

受付時間:9:00-17:30 (夜間・土日対応可能)

新着情報

無料相談受付中!